タカラ物流システム株式会社

HOME > 物流センター 東日本ロジスティクスセンター
業務案内
東日本ロジスティクスセンター(概要紹介)
ITを駆使したシステムで物流をサポートするロジスティクスセンター

東日本ロジスティクスセンター(倉庫部門)では、23,000パレットの収納量を誇り、常温倉庫はもちろん環境管理機能を持った定温倉庫をはじめ、先進の在庫管理システム・搬送機器を完備しています。コンピュータによる監視システムMOSで在庫、搬送すべての保守管理を実施。誤配ゼロの継続を実現しながら、あらゆるニーズに対応できる物流センターとして機能しています。
ロジスティクスセンター内部
■顧客情報守秘密の厳守
東日本ロジスティクスセンター「自動倉庫」の特徴
1. 自動倉庫内で動く機器は全てコンピュータで管理
コンピュータは二重化システムのため、万が一のトラブルにも瞬時に対応。
故障が発生すると、警報が鳴り、パソコン画面から故障箇所・修理方法がわかり、小さなトラブルは未経験者でも修復が可能。
2. 倉庫内は「ノー伝票」
商品は全てパレット単位でバーコード管理されている。
フォークリフトには、コンピュータ端末画面を設置
3. 守秘義務の徹底のため、メーカーとは独立した情報システムを保有。
4. 流通加工場を併設
業務案内 東日本ロジスティクスセンター(概要紹介) 西日本通販・販促品センター(概要紹介) その他事業紹介