タカラ物流システム株式会社

HOME > タカラ物流システムのこだわり
タカラ物流システムのこだわり
タカラ物流システムのこだわり
弊社では、宝酒造グループの物流子会社として酒類・食品の物流を通じて培ってきた豊富なノウハウを基盤としながら、自立経営できる会社を目指して積極的に事業展開を行っています。
グループ会社の荷物だけではなく、他社の荷物の運送や倉庫保管に加え、流通加工事業・通販事業・販促物流事業や物流関連事業(車整備・保険・旅行業等)など物流業全般に取り組んでいます。
単なる物を運ぶだけの物流会社から、運ぶ荷物を自らつくり出す会社への体制づくりと企業体質の強化を図っています。
また、独自のシステムを開発するなど、物流における正確さ・効率化を常に追求し、低価格でより良い品質とサービスの提供にこだわっています。
社長
代表取締役社長
上坂 良秋
1.名前のこだわり
社名で使われている「物流システム」には、従来の単なる「物流」でなく「コンピュータ等と連動することにより物流の効率化」を図ることを意識して社名を決定しています。
2.作業手法、設備改善による効率化の取り組み
「コンピュータ等と連動することにより物流の効率化」を図ることを目的に、弊社では設備面では「東日本ロジスティクスセンター」において「自動倉庫」を導入しており、また作業面、教育面での効率化の目的で「西日本通販・販促品センター」において、「トヨタ方式」を導入しています。
「自動倉庫」について
「トヨタ方式」について
3.トラック運用の効率化
流通業態の変化により、多品種少ロット化が進むなか、各荷主様の合理化推進策として共同物流を推進しております。共同物流により、物量の季節波動を吸収することで、平準化をはかり、お得意先への納品頻度の削減によるサービスの向上、車両台数の削減による環境への負荷低減を図って参ります。
そしてなりよりも、共同物流化によって無駄を吸収しコスト削減を図り、各荷主様への競争力アップに貢献します。